キプロス

City Library, Paphos, Cyprus, exterior

記事

キプロスの近代文学が花開いたのはイギリス統治下にあった19世紀のことだ。そのため、キプロスの文学作品は3ヶ国語で書かれている。一番多いのはギリシャ語作品だが、トルコ語作品・英語作品もある。このように、その国の文学作品が複数の言語で書かれているという国は珍しいかもしれない。この伝統は、キプロスの歴史に根差すものだ。

インタビュー

ブックフェア/文芸
フェスティバル

9月に開かれる学際的な文学フェスティバル「Sardam」は、あらゆる種類の文学的革新と実験を受け入れます。2013年から毎年ニコシアで開催されており、その目的はパフォーマンス、朗読、ワークショップを通じて自由な発想で文学を提示することです。作家は毎年恒例の公募か直接招待に応じることで参加できます。

「Open Up Festival(オープンアップ・フェスティバル)」は2019年からニコシアで開かれています。多面的な芸術の祭典として、展示、パフォーマンス、ディスカッション、講演、ビデオ・インスタレーション、多彩な芸術アクティビティ、音楽、上映、パーティー、料理イベント、ワークショップが行われます。4日間にわたり、キプロス、フィンランド、スウェーデン、ポルトガル、ギリシャ、スペイン、フランスの、地元やヨーロッパのレベルでまだ作品を発表できていない才能溢れる芸術家と作家を宣伝します。

すべての原点は詩であるという考えに基づく「Poetry Moves International Festival」では、音楽や展示、コンテンポラリー・ダンスなど、他の芸術形式と詩の結びつきを強めようと努めています。2023年10月の第1回のテーマは「女性の世界の詩」でした。

毎年10月の2日間ニコシアで開催されるブックフェストでは、文学と音楽のイベント、パフォーマンス、コンクール、大人と子供のためのワークショップが開かれます。主役となる国は毎年異なります。その国を紹介・称賛する数々の多彩なイベントが行われて国の文化が宣伝されます。

2022年11月に初めて開催された年に一度のフェアの目的は、地元の書籍産業を活性化させるとともにキプロスの文学と本に国際的な関心を集めることです。翻訳者、エージェント、学者、書店、その他の文芸専門家に加え、読書愛好家のために特別なカンファレンスやイベントを開催し、地域における文化の案内役として認められることを目指しています。

文学賞

2011年に創設された「Cyprus Review Annual Book Award(キプロス・レビュー年間図書賞)」は、前年にキプロスで出版された最も優れた本に贈られます。「Cyprus Review(キプロス・レビュー)」誌が主催するこの賞の賞金は5,000ユーロです。卓越したキプロス文学に贈られる権威ある賞として存在しています。

2005年に創設された「Public Literature Award Cyprus(キプロス公共文学賞)」は、キプロスで出版されたギリシャ語またはトルコ語の最も優れた文学作品を表彰します。キプロス図書館が主催するこの名誉ある賞には1万ユーロの賞金が付属します。キプロス文学の重要な評価として、最も素晴らしい貢献を称えます。

文芸レジデンス

ニコシアのレジデンシープログラムでは、キプロスで新しい作品を制作して講義、ワークショップ、マスタークラスを行う機会がある芸術家、音楽家、研究者、作曲家を受け入れています。レジデンシー参加者に実績は必要なく、若い未来のクリエイターも受け入れます。Pharosで重視されるのは、創造的な環境で芸術家が新しい作品を生み出し、刺激的な芸術的出会いを通じて示唆を受けられるようにすることです。

Bouboukiに位置するこの作家レジデンシーでは、作家の作品テーマに制限はありませんが、制作される作品がキプロスの風景や固有性に一定の影響を受けていることが推奨されます。実験的な物語形式やメディアを対象としており、作家や芸術家は1週間から6週間までBoubouki Cottageに滞在できます。通常、各レジデンシーが終わると、レジデンシーに参加した作家または芸術家が、朗読イベントやワークショップ、または出版物を通じて一般に紹介されます。

最近日本で出版された
タイトル