ドイツ

Stuttgart City Library, Stuttgart, Germany, interior

記事

ドイツの文芸シーンについての質問を受けると、私が日本でドイツ文学を代表する立場になって以来、どれほど大きな変化が生じたかということがすぐに頭に浮かぶ。1990年代は、日本でもドイツでもイギリスとアメリカの作家がベストセラーリストを席巻する時代だった。

インタビュー

2021年に芥川賞を受賞した石沢麻依は、ドイツを拠点としています。インタビューでは、ドイツ語が彼女の執筆に与える影響や、彼女の文学作品において日本の記憶がドイツでの経験と交じり合う様子について話しています。

ブックフェア/文芸
フェスティバル

200ものイベントと子供のための独自プログラム(lit.kid.COLOGNE)が用意される「lit.COLOGNE」は、ヨーロッパで最も大規模な文学祭の1つです。
プログラム面での「lit.COLOGNE」の特徴は、あらゆる分野の作家とアーティストの出会い、政治やジャーナリズムの話題に関するイベント、文学テーマに関する特別に考案・作成されたプログラムです。この文学祭は秋に開催されます。

「Leipzig Book Fair(ライプツィヒ・ブックフェア)」は、本とメディア業界にとって春の最も大切な集まりです。このイベントでは、ドイツや世界中の作家、出版社、メディア企業が読者とつながります。前回のブックフェアでは、46か国の2,500の出展者が春に出版される新刊を発表し、展示会場や市内全域に28万6,000人の来場者が訪れました。ライプツィヒ・ブックフェアは、「Manga-Comic-Con(マンガ・コミコン)」と「Leipzig liest(「ライプツィヒは読む」)」読書祭と同時に開催されます。

「Leipzig Book Fair(ライプツィヒ・ブックフェア)」は、本とメディア業界にとって春の最も大切な集まりです。このイベントでは、ドイツや世界中の作家、出版社、メディア企業が読者とつながります。前回のブックフェアでは、46か国の2,500の出展者が春に出版される新刊を発表し、展示会場や市内全域に28万6,000人の来場者が訪れました。ライプツィヒ・ブックフェアは、「Manga-Comic-Con(マンガ・コミコン)」と「Leipzig liest(「ライプツィヒは読む」)」読書祭と同時に開催されます。

「international literature festival berlin(ilb、ベルリン国際文学祭)」は、世界で最も重要な文学イベントの1つに数えられます。扱うスタイルとテーマの範囲は包括的かつユニークで、散文、詩、ノンフィクション、グラフィックノベル、児童文学、ヤングアダルト文学を網羅しています。通常は9月に開催されます。

「Frankfurter Buchmesse(フランクフルト書籍見本市)」は出版業界最大の国際的な見本市で、100か国以上から約7,450の出展者が参加し、30万人以上が来場し、4,000を超えるイベントが行われ、約1万人の認定ジャーナリストが出席します。フランクフルト書籍見本市の文学、小説、思想のための国際フェスティバル、「BOOKFEST」でも、10月の街全体でさまざまな心躍るイベントが行われます。

文学賞

1950年以来、ドイツ連邦共和国の出版社と書店の職業団体であるドイツ出版書店協会は、「Peace Prize of the German Book Trade(ドイツ出版業平和賞)」を授与しています。連動する賞金の2万5,000ユーロは、出版社と書店が集めたものです。平和賞は、国家間および文化間の国際理解に貢献する出版業の尽力を示すものです。

「German Book Prize(ドイツ書籍賞)」は、フランクフルト書籍見本市の開幕に先立って、German Publishers and Booksellers Association(ドイツ出版書店協会)のFoundation for Book Culture and the Promotion of Reading(書籍文化読書振興財団)が毎年授与する賞であり、最も優れたドイツ語の小説に贈られます。この賞の目的は、ドイツ語作家、読書、書籍の基調メディアに対する注目を国境を越えて集めることです。

「Leipzig Book Fair Prize(ライプツィヒ・ブックフェア賞)」は、ドイツ語で書かれた優れた新刊書を表彰します。特筆すべきは、小説、ノンフィクション/随筆、翻訳の3部門が用意されていることで、これによって現代文学を本当の意味で評価できる賞となっています。賞金総額は6万ユーロです。
授賞式は毎年恒例のライプツィヒ・ブックフェアの初日に、ライプツィヒ・メッセのガラスのホールで行われます。

1988年以来、German Literature Fund(ドイツ文学基金)は「Paul Celan Prize(パウル・ツェラン賞)」を授与しています。この賞は当初フランス語からドイツ語への優れた文芸翻訳に授与されていました。1994年からはすべての言語を対象とし、主にドイツの翻訳者を表彰しています。この賞はフランクフルト書籍見本市で授与され、現在の賞金は2万ユーロです。

「Georg Büchner Prize(ゲオルク・ビューヒナー賞)」はドイツの権威ある賞であり、1923年にヘッセン人民州(現ヘッセン州)政府が同州出身の著名な劇作家ゲオルク・ビューヒナーを称えるために創設したものです。1951年のヘッセンとGerman Academy for Language and Literature(ドイツ言語文学アカデミー)の合意により、ビューヒナー賞は純粋な文学賞として再制定されました。ドイツアカデミーによって毎年授与されるこの賞は、ドイツ文化に多大な貢献をしたドイツの作家と詩人を表彰します。

翻訳賞

2009年に創設され、Haus der Kulturen der Welt(世界文化の家)とElementarteilchen foundation(素粒子財団)が資金を提供する「International Literature Award(国際文学賞)」は、現代の優れた国際文学作品とそのドイツ語翻訳を表彰します。賞金は3万5,000ユーロで、著者と翻訳者の間で分配されます。

1988年以来、German Literature Fund(ドイツ文学基金)は「Paul Celan Prize(パウル・ツェラン賞)」を授与しています。この賞は当初フランス語からドイツ語への優れた文芸翻訳に授与されていました。1994年からはすべての言語を対象とし、主にドイツの翻訳者を表彰しています。この賞はフランクフルト書籍見本市で授与され、現在の賞金は2万ユーロです。

「かけはし文学賞」は、現代ドイツ文学とその日本語翻訳の奨励を目的として、ゲーテ・インスティトゥート東京とメルク社によって2013年から隔年で授与されています。賞金総額2万ユーロのこの賞は、日本の読者層に見出されるべき優れた作家や、文化交流において特別な役割を果たした翻訳者と出版社に贈られます。

1996年に創設されドイツ政府が資金を提供する「Helen & Kurt Wolff Translator’s Prize(ヘレン&クルト・ヴォルフ翻訳者賞)」は、前年に米国で出版された、ドイツ語から英語への優れた文芸翻訳に毎年授与されます。受賞した翻訳者には1万ドルが贈られます。

文芸レジデンス

「Writers Residency(ライターズ・レジデンシー)」の対象は、作家や評論家、執筆をベースに活動しているアーティストです。Kunstverein Münchenとミュンヘン市芸術文化局による共催です。シュタルンベルク湖のVilla WaldbertaまたはミュンヘンのEbenböckhausでの2か月間の滞在と毎月の給付金から成ります。

「Writer in Residence Program Dilsberg/Heidelberg(ライター・イン・レジデンス・プログラム ディルスベルク/ハイデルベルク)」は、ハイデルベルク・ユネスコ文学都市の協力のもと、Kulturstiftung Rhein-Neckar-Kreis e.V.がユネスコ文学都市出身の作家を対象に、ネッカーゲミュント(ハイデルベルクから約14km)のディルスベルク要塞にあるCommandant’s House Dilsberg(ディルスベルク司令官の家)に滞在する機会を提供します。

「DAAD Künstlerprogramm」は、文学と著述の分野で6つのフェローシップを提供しています。詩、小説、ノンフィクション、随筆、戯曲など、あらゆる文学形式を歓迎します。そのため、こうした伝統的なカテゴリーの間で、または超越して活動する作家や、現代文学、その実践、表現様式の理解を広げる作家も後押ししています。

最近日本で出版された
タイトル

『失われたいくつかの物の目録』

ユーディット・シャランスキー(著)
細井直子(訳)
河出書房新社(2020)

『別れの色彩』

ベルンハルト・シュリンク(著)
松永美穂(訳)
新潮社(2023)

『クルーゾー』

ルッツ・ザイラー(著)
金志成(訳)
白水社(2023)