ギリシャ

National Library of Greece (Stavros Niarchos Foundation Cultural Center), Athens, Greece, exterior

記事

インタビュー

ブックフェア/文芸
フェスティバル

Monogramブックストアによる「Festival of Crime Fiction(犯罪小説フェスティバル)」は、この人気ジャンルをサポートすることを目的としており、犯罪小説分野の作家を後押しすることに焦点を当てています。5月と7月の数日間にわたり、執筆セミナー、討論会、双方向型ゲームなどのクリエイティブなイベントが、アテネの街を舞台に行われます。フェアには、ジャンルを代表する最も重要な人物の何人かが出席します。

2004年に初めて開催された「Thessaloniki International Book Fair(テッサロニキ国際ブックフェア)」の目的は、国際出版分野における文化的・商業的交流のための新たな出会いの場を創出することです。テッサロニキブックフェアはギリシャで開催される唯一の国際ブックフェアであり、ギリシャ内外から400人を超える本の専門家が集まります。毎年5月に6万5,000人を超える来場者がこのフェアを訪れます。

アテネの「LEA Festival(LEAフェスティバル)」は、ラテンアメリカ、スペイン、ポルトガルの言語と文学の普及に焦点を当てたギリシャ最大の文化イベントです。このフェスティバルの目的は、文化的な集いの場を提供して読書、異文化間の対話、意見交換、エンターテインメントを奨励することであり、通常6月に開催されます。

文学賞

Academy of Athens(アテネアカデミー)の一般的な目的は、科学と人文科学と美術の育成と発展、そして財団およびその会員と他のアカデミーおよびアカデミー会員との交流です。 アカデミーは文学の分野で多くの賞を授与し、主に詩集や科学論文・研究を表彰しています。

Biblionetネットワークは、さまざまなギリシャ語翻訳者および文学賞とその受賞者のリストを提供しています。

「State Literary Awards(国家文学賞)」は、ギリシャが国として作家に授与する最高の文学的名誉です。1959年に創設されたこの賞は、前年に出版された本の著者を表彰します。国家文学賞には、翻訳、児童書、詩、随筆、多様な散文のための賞が用意されています。

本のオンラインマガジン「Αναγνώστης(Anagnostis)」が立ち上げた読者賞の目的は、現代の散文と詩の傾向と関心事を考察することです。大人向けの本と児童書には別の審査委員会が用意されており、前年に出版された本のための複数の表彰部門があります。通常、授賞式はベナキ美術館で行われます。

翻訳賞

国家文学賞には、翻訳、児童書、詩、随筆、多様な散文のための賞が用意されています。

文芸レジデンス

パロス島の旧首都レフケスの山村にあるHouse of Literature(文学館)は、作家や翻訳者にとって理想的な労働環境を提供します。この文学館の使命は世界中のプロの作家と文芸翻訳者を受け入れることですが、主な受け入れ先はヨーロッパです。作家と翻訳者は、最低2週間から最長3か月間仕事を続けることができます。

テッサロニキのレジデンシーは、舞台芸術、視覚芸術、文学、映画・写真など、あらゆる分野のアーティストが対象です。参加者は特定のプロジェクトに取り組んでいるか、ギリシャとドイツのクリエイター間の交流を目指している必要があります。アーティストはテッサロニキのゲーテ・インスティトゥートの指導を受け、レジデンシーの期間は通常8週間から12週間となります。

最近日本で出版された
タイトル

『無益な殺人未遂への想像上の反響 : ギリシャ・ミステリ傑作選』

ディミトリス・ポサンジス(編)
橘孝司(訳)
竹書房(2023)