ハンガリー

Metropolitan Szabó Ervin Library, Budapest, Hungary, interior

記事

インタビュー

ブックフェア/文芸
フェスティバル

この毎年恒例のフェスティバルは2024年に30周年を迎えます。ハンガリー文学にとって最も重要な場の1つであるこのフェスティバルには、独自の文学賞「Great Prize of Budapest(ブダペスト大賞)」があります。フェスティバルは、文学の夕べ、ブックショー、カンファレンス、討論会、子ども向けのプログラムから成ります。春に開催され、正確な開催日は年によって異なります。

1929年に創設され通常は6月に開催される「Festive Book Week(図書祭典週間)」では、伝統的なプログラムに加えて、最新の本のノベルティ、文化プログラム、サイン会、トーク、演奏が行われます。ブダペストで開催されますが、より多くの都市が関わるようになっています。独自の賞である「Beautiful Hungarian Book Prize(ハンガリーの美しい本賞)」もあります。

この毎年恒例の文学イベントは、ハンガリーのデブレツェン市で4月に開催されます。1971年にスタートした文学と書き言葉の祝祭であるこのフェスティバルでは通常、朗読、書籍の発表、ディスカッション、ワークショップ、文化公演などの幅広い文学アクティビティが催されます。実績ある作家と新進作家、詩人、文学者が、自身の作品を一般の人々と共有するためのプラットフォームとして機能します。

「Márgo Literary Festival(Márgo文学フェスティバル)」は文学、主にハンガリーの現代文学に焦点を当て、2011年からブダペストで定期的に開催されている一連の文化イベントです。10月に開催されるこのイベントの目的は、文学を普及させ、文学を伝達する新たな手法を生み出すことです。Márgo文学フェスティバルとブックフェアは、MVMとNational Cultural Fund(国民文化基金)の支援を受けています。

2019年に創設されたこのフェスティバルは、ヴィシェグラード諸国、ポーランド、スロバキア、チェコ共和国、ハンガリーの文学に明確な焦点を当て、新たな文脈でブダペストに国際文学をもたらします。幅広い文脈にはノンフィクションと児童文学、テキストとイラストレーション、視覚芸術とパフォーマンスが含まれ、これが言語のポリフォニーの中で一体となります。

文学賞

「Sándor Bródy Prize(ブローディ・シャーンドル賞)」は、ハンガリー系アメリカ人のアレクサンダー・ブローディが、祖父であるハンガリーの作家ブローディ・シャーンドルに敬意を表して1995年に創設したハンガリーの文学賞です。毎年、その年の最も優れた小説のデビュー作に贈られます。賞金は35万フォリントで、受賞作家の第2作となる小説の出版に資金援助を提供します。作者が自身の本を提出することで賞に応募し、出版社も同じ方法で本を推薦できます。

「Balassi Memorial Sword(バラッシ記念剣賞)」は、1997年に始まったヨーロッパの文学賞です。ハンガリーの優れた詩人や、ハンガリーの詩人バラッシ・バーリントの作品を含むハンガリー文学を翻訳した海外の詩人に、剣が贈られます。2008年以来、剣はバラッシのミサで司教によって祝福されています。受賞者には剣に加えて賞状、有名なヘレンド社による特別な磁器製の像、ワインのボトルが贈られます。

「美しい本賞」はハンガリーの作家とその作品に贈られます。ブックウィークの一環として授与され、賞金は20万フォリントです。受賞者には賞状も授与されます。毎年恒例のこの賞は、タイポグラフィ、レイアウト、イラストレーション、全体のデザインなど、芸術的・美的要素が際立った本を表彰します。ハンガリーの文化的・芸術的遺産に貢献する、視覚に訴える良質な本の制作を、出版社、デザイナー、アーティストに奨励します。

「Attila József Prize(ヨージェフ・アティッラ賞)」とは、ハンガリーの名誉ある文学賞です。この賞は、20世紀のハンガリーで最も有名で影響力のある詩人の一人、ヨージェフ・アティッラにちなんで名づけられた。ハンガリー文学への多大な貢献をたたえるため、現代ハンガリーの詩人や作家に毎年贈られている。ヨージェフ・アティッラ賞の受賞者には、文学的業績が認められるとともに、賞金20万フォリント授与される。

ハンガリーペンクラブが授与する「Grand Prize for Poetry(詩大賞)」には、ハンガリー政府が資金を提供しています。賞には賞金5万ユーロが付属します。この賞は、ヨーロッパの人文主義とルネサンス文学の重要人物であったハンガリーの詩人、ヤヌス・パンノニウスに敬意を表して名付けられました。翻訳賞も2つあり、それぞれ3,000ユーロが授与されます。

翻訳賞

「Balassi Memorial Sword(バラッシ記念剣賞)」は、1997年に始まったヨーロッパの文学賞です。ハンガリーの優れた詩人や、ハンガリーの詩人バラッシ・バーリントの作品を含むハンガリー文学を翻訳した海外の詩人に、剣が贈られます。2008年以来、剣はバラッシのミサで司教によって祝福されています。受賞者には剣に加えて賞状、有名なヘレンド社による特別な磁器製の像、ワインのボトルが贈られます。

「Attila József Prize(ヨージェフ・アティッラ賞)」とは、ハンガリーの名誉ある文学賞です。この賞は、20世紀のハンガリーで最も有名で影響力のある詩人の一人、ヨージェフ・アティッラにちなんで名づけられました。ハンガリー文学への多大な貢献をたたえるため、現代ハンガリーの詩人や作家に毎年贈られています。ヨージェフ・アティッラ賞の受賞者には、文学的業績が認められるとともに、賞金20万フォリント授与されます。

ハンガリーペンクラブが授与する「Grand Prize for Poetry Translation(詩翻訳大賞)」の賞金はそれぞれ3,000ユーロです。賞は隔年で授与されます。受賞者には通常、多様な言語的・文化的背景を持つ詩人が含まれます。この賞は、文学的・文化的芸術形態としての詩の世界的広がりと影響力に対する評価の象徴です。

文芸レジデンス

ヴァーツラートート、ペーチ、パンノンハルマ、ニーレジハーザ、カポルチ、デブレツェンなど、Hungarian Writers‘ Residenceは全国の作家のために多様なレジデンシーを用意しています。バラトンフレドのプログラムは翻訳者専用です。その目的は、ハンガリーとハンガリー文学の知識を広め、ハンガリーから世界中へと関係を築くことです。レジデンシーの期間は、レジデンスの街によって異なります。

「Visegrad Literary Residency Program(ヴィシェグラード文学レジデンシープログラム)」は、一連のレジデンシー滞在と文学イベントで構成されます。チェコ共和国、ハンガリー、ポーランド、スロバキアの小説家、ノンフィクション作家、詩人、随筆家、評論家、文芸翻訳家、時事評論家、ジャーナリストが対象です。このレジデンシープログラムでは、32人の文学レジデンシー参加者が春と秋に4つの受け入れ施設で文学プロジェクトに取り組めます。

最近日本で出版された
タイトル

『よそ者たちの愛』

テレツィア・モーラ(著)
鈴木仁子(訳)
白水社(2020)

『颱風 (タイフーン)』

レンジェル・メニヘールト(著)
小谷野敦(訳)
幻戯書房(2020)

『運命ではなく』

ケルテース・イムレ(著)
岩崎悦子(訳)
国書刊行会(2003)