翻訳賞

翻訳賞は、翻訳者の文学への貢献を評価し、出版社や読者の間で優れた翻訳者に対する認知度を高めるものです。各国の賞の詳細についてはこちらから。

注目すべき翻訳賞

「Companion Prize(コンパニオン賞)」は、 Lithuanian Association of Literary Translators によって設立された賞で、評論家、ジャーナリスト、教育者、司書、言語学者、出版社のうち、前年に文芸翻訳および文芸翻訳分野への貢献に関して特に功績のあった団体または個人に贈られます。

「Translator of the Year Armchair(年間最優秀翻訳者アームチェア賞)」は、前年に行われたリトアニア語への小説と随筆の最も優れた翻訳に贈られる、毎年恒例の賞です。リトアニア共和国文化省が2001年に創設し、リトアニア・ペンセンターが主催するこの賞の目的は、リトアニア語への小説と随筆の最も優れた翻訳を後押しすることです。出版社、芸術家協会、NGO、その他の法人と自然人が候補者を推薦できます。応募者はリトアニア・ペンセンターの審査員によって選抜されます。

毎年恒例の「St. Jerome Prize(聖ジェローム賞)」は2つの部門で授与されます。1つめは、過去3年間に行われたリトアニア語への最もプロフェッショナルで芸術的で熟練した翻訳に対して、文芸翻訳者に贈られます。2つめは、プロフェッショナルで熟練した外国語への翻訳と、海外におけるリトアニア文学の普及に対して、リトアニア文学の翻訳者に贈られます。候補者は、芸術家協会、創作団体、教育・文化機関、出版社、その他の法人または自然人によって推薦されます。「聖ジェローム賞」はLithuanian Association of Literary Translators(リトアニア文芸翻訳者協会)とリトアニア共和国文化省によって授与されます。

リトアニア文芸翻訳者協会は毎年、前年にリトアニア語で初出版された現代世界文学の最も優れた図書を、「Best Translated Books of the Year(年間最優秀翻訳図書)」として選定しています。マルティナス・マジュヴィダス国立図書館が提供する図書目録から書籍20点が選ばれます。この取り組みの目的は、重要な世界文学作品と読者、図書館、書店との出会いをサポートし、読書を奨励し、文芸翻訳者の仕事を後押しすることです。