文学賞

多文化が共存するヨーロッパでは、さまざまなジャンルの現代文学の優れた作品を称える文学賞が豊富にあります。各国の賞の詳細についてはこちらから。

注目すべき文芸賞

1924年に創設されたワロン・ブリュッセル連盟の文学賞は、デビューしたばかりの作家とすでに実績のある作家の両方を表彰します。フランス語と地域言語の一般的な文学形式に加えて、ワロン・ブリュッセル連盟は漫画と児童文学にも賞を授与しています。賞にはそれぞれ独自性があり、提案する審査員は当該分野のエキスパートや専門家で構成されます。

1997年に初めて授与された毎年恒例のこの賞は、文学のジャンルを問わず作品を初出版した作家に贈られます。フランス語で自己表現する作家の作品を世界中に広めることを目指し、Association of French-language Writers(ADELF、フランス語作家協会)が授与しています。賞金は5,000ユーロです。

1920年に設立されたAcadémie royale(王立アカデミー)は、地域社会、国内、国際レベルで知的生活を支える重要な組織です。Royal Academy of French Language and Literature of Belgium(ベルギー王立フランス語文学アカデミー)は毎年、複数の部門で文学賞を授与しています。特に詩、散文、進歩的な文学作品全般を表彰します。

1938年にヴィクトール・ロッセルを記念して「Le Soir」紙によって創設された「Prix Victor Rossel(ヴィクトール・ロッセル賞)」は、ベルギーの小説や短編集に授与される最も権威ある文学賞です。2001年には青少年の審査員によって「Prix Victor Rossel de jeunes」が授与され、2019年からはコミック・ストリップを対象とする「Prix Victor Rossel de la bande dessinée」が授与されています。ヴィクトール・ロッセル賞の受賞者には5,000ユーロとRoyerによるリトグラフが贈られます。

1971年に創設された「Prix Saint-Michel(サン・ミッシェル賞)」は、漫画に焦点を当てたヨーロッパで最も古い賞の一つです。2002年からは、ブリュッセルのコミック・フェスティバルの組織チームがこの毎年恒例のイベントの組織を引き継ぎ、サン・ミッシェル賞もフレッシュに生まれ変わりました。漫画業界のあらゆる部門の専門家で構成される現在の委員会は、年に数回会議を開いてこのイラストで表現される文芸の主要な動向を評価し、作家と作品を表彰しています。