文学賞

多文化が共存するヨーロッパでは、さまざまなジャンルの現代文学の優れた作品を称える文学賞が豊富にあります。各国の賞の詳細についてはこちらから。

注目すべき文芸賞

Väinö Linna Society(ヴァイノ・リンナ協会)は伝統ある団体としてさまざまな活動を行っています。その活動は作家の生涯と作品に対する会員の関心と、多様で活発な文化的活動を組み合わせたものです。「Väinö Linna Prize(ヴァイノ・リンナ賞)」は1962年からタンペレ市によって授与されています。小説執筆の功績に対して不定期に贈られます。賞金は1万ユーロです。

この全国的な賞は、過去3年以内に完成した優れた作品、または当該の芸術分野における長期的かつ優れた活動に対して授与されます。文学部門の「State Prize(国家賞)」は、Finnish State Literature Committee(フィンランド国家文学委員会)から作家と翻訳者に対して授与されます。現在の文学賞は1999年から授与されています。イラストレーション部門とコミック部門賞もあります。

Finnish Literature Society(フィンランド文学協会)では、3年ごとにAleksis Kivi Fund(アレクシス・キヴィ基金)をもとに「Aleksis Kivi Prize(アレクシス・キヴィ賞)」を授与しており、受賞者がフィンランド語で執筆した文学作品を表彰しています。この賞は生涯の業績に対して贈られます。あらゆる創作ジャンルが選考の対象となりますが、特に物語、詩、演劇が表彰されます。1936年以来、アレクシス・キヴィ基金はフィンランドの優れた作家に賞を授与してきました。

1995年に創設された「Helsingin Sanomat Literature Prize(ヘルシンギン・サノマット文学賞)」は、その年の最も優れたフィンランド語小説のデビュー作を表彰します。毎年11月、フィンランドと北欧諸国における最大の定期購読新聞「ヘルシンギン・サノマット」紙の創刊記念日前後に授与されます。賞金は1万5,000ユーロです。

「Finlandia Prize(フィンランディア賞)」はフィンランドで最も権威ある文学賞です。小説、ノンフィクション、児童・青少年文学の3部門で、優れたフィンランドの出版物に毎年贈られます。賞金総額は3万ユーロです。