文学賞

多文化が共存するヨーロッパでは、さまざまなジャンルの現代文学の優れた作品を称える文学賞が豊富にあります。各国の賞の詳細についてはこちらから。

注目すべき文芸賞

「ヴィアレッジョ賞」は、イタリア文学に新しい視点をもたらし、伝統や形式から脱却してイタリア文学作品を活性化することを目的に1929年に創設されました。この賞は一貫してその時代の精神や感情を色濃く反映した文学作品を選出し、現在に至るまでイタリアの多様で豊かな文学史において重要な役割を果たしています。

「ストレーガ賞」は、イタリアの作家による散文小説に毎年贈られる、イタリア文学界における最高の賞です。1947年に創設された同賞は、2023年に77回目を迎えました。対象となるのは前年の5月1日から当年の4月30日までに刊行された作品です。

「バンカレッラ賞」は、1953年に創設されたイタリアの有力な文学賞のひとつで、書店主が自身の書店で最も売れた本に基づいて候補を選び、一般読者が投票して受賞者を決定するという点で異彩を放つ賞です。書店経営者と読者との間に信頼と絆を育む同賞は、イタリアの文学賞の中でも唯一無二の存在です。

「カンピエッロ賞」は、ヴェネト州の文学協会Instituto di Studi Veneti(ヴェネツィア研究所)によって1957年に創設されました。その後、経済団体のGruppo Italiano Imprese(イタリア・ビジネスグループ)がスポンサーとなり、現在に至ります。