文学賞

多文化が共存するヨーロッパでは、さまざまなジャンルの現代文学の優れた作品を称える文学賞が豊富にあります。各国の賞の詳細についてはこちらから。

注目すべき文芸賞

文学基金は1955年以来、デビューした作家に名誉ある「Ivan Krasko Literary Prize(イヴァン・クラスコ文学賞)」を授与しています。対象となる作品の著者は、スロヴァキアで暮らし永住権を有する市民のみであり、作品はスロヴァキア語で書かれ、初版がスロヴァキアで出版されている必要があります。賞状と賞金700ユーロが贈られます。

2017年に創設された「René Anasoft Literary Prize(René Anasoft文学賞)」の目的は、若者に読書を奨励し、本への興味を喚起し、芸術的に価値ある現代文学を紹介することです。賞は毎年1回、指定された中学校の生徒によって、最も優れたオリジナルのスロヴァキア語散文文学作品に対して授与されます。賞はLiterary Information Centre(文学情報センター)と「Anasoft litera」によって発表されます。

文学基金は1955年以来、デビューした作家に名誉ある「Ivan Krasko Literary Prize(イヴァン・クラスコ文学賞)」を授与しています。対象となる作品の著者は、スロヴァキアで暮らし永住権を有する市民のみであり、作品はスロヴァキア語で書かれ、初版がスロヴァキアで出版されている必要があります。賞状と賞金700ユーロが贈られます。

「Anasoft litera」はスロヴァキアの文学賞です。最も優れたスロヴァキア語のオリジナル散文作品や、主にスロヴァキア共和国市民の作家によるオリジナル散文作品の最も優れた翻訳を、毎年表彰します。前年に出版された小説が対象となります。賞金は1万ユーロです。「Anasoft litera」賞の特徴は、何よりもスロヴァキア語のすべての散文作品が自動的にノミネートされること、そして5人の専門家から成る審査員が毎年変わることです。

Literary Fund(文学基金)は1994年から、前年に初めてスロヴァキア語で執筆・出版された最も優れた文学作品に対して文学賞を授与しています。例外となる作品の分野は、散文・詩および文芸学、随筆、児童・青少年向け文学およびノンフィクションであり、劇場、ラジオ、映画、テレビ化された演劇創作は賞の対象となります。賞状と賞金1,500ユーロが贈られます。

スロヴァキアで最も権威のある文化・文学賞の1つと考えられている「Dominik Tatarka Prize(ドミニク・タタルカ賞)」の対象は、スロヴァキア文化の人文主義的伝統に適い、市民的姿勢とともにドミニク・タタルカの精神的遺産を継承する、印刷または電子形式の優れた作品です。毎年、Conservative Institute of Milan Rastislav Štefánik(ミラン・ラスティスラフ・シュテファーニク保守協会)によって授与されます。