文学賞

多文化が共存するヨーロッパでは、さまざまなジャンルの現代文学の優れた作品を称える文学賞が豊富にあります。各国の賞の詳細についてはこちらから。

注目すべき文芸賞

フリーデベルト・トゥクラスによって1970年に創設された「Friedeberg Tuglas Short Story Award(フリーデベルト・トゥクラス短編小説賞)」は、エストニアで最も継続的に授与されている歴史ある文学賞です。2つの賞があり、前年に出版された最も優れた短編小説を毎年表彰します。この賞は、受賞者のための特別出版と賞金から成ります。

「Estonian Science Fiction Award Stalker(エストニア・サイエンス・フィクション賞ストーカー)」は、その暦年にエストニア語で出版された最も優れたSF小説とコレクション、そして最も優れたオリジナルおよび翻訳小説を表彰します。賞金はなく、ファンのアンケートで決まる受賞者には賞状に加えて年によって異なる彫像が贈られます。

1990年に創設された「Betti Alver Literary Prize(ベティ・アルヴェル文学賞)」は、エストニア文化基金の支援を受けて、Estonian Writers’ Union(エストニア作家組合)のタルトゥ支部によって授与されます。ベティ・アルヴェルの遺志に基づいて毎年授与されるこの賞は、詩や散文(小説)の優れたデビュー作を表彰します。現在の賞金額は2,000ユーロで、対応する賞状が付属します。

1970年に創設された「Cultural Endowment Prize(文化基金賞)」はもともとエストニアの作家Juhan Smuulに因んで名付けられ授与されたものでした。1995年からは、エストニア語翻訳、児童文学、青少年文学など、さまざまな部門における最も優れた文学作品を称える複数の賞が加わり、Cultural Endowment of Estonia(エストニア文化基金)によって授与されています。

「Romaanivõistlus」と呼ばれるエストニアの小説コンクールの伝統は、1927年に出版社のLoodus(「自然」の意)によって始められました。コンクールは不定期に開催され、エストニアの小説を評価する役割を果たしています。こうしたコンクールを主催する組織は、主に出版社や版元です。2014年には民間企業の支援を受けて、Eesti Kirjanike Liit(エストニア作家組合)によって小説コンクールが復興されました。「Estonian Writers’ Union Novel Competition(エストニア作家組合小説コンクール)」は毎年開催され、1万ユーロが授与されます。