文学賞

多文化が共存するヨーロッパでは、さまざまなジャンルの現代文学の優れた作品を称える文学賞が豊富にあります。各国の賞の詳細についてはこちらから。

注目すべき文芸賞

1948年に創設されたオランダの文学賞「Jan Campert Prize」は、詩の作品に対してJan Campert Foundation(Jan Campert財団)によって毎年授与されています。この財団は、オランダのレジスタンス活動の象徴であるJan Campertを称えるために1948年に設立されました。

Committee of Ministers of the Dutch Language Union(オランダ語連合閣僚委員会)は3年に1度、オランダ語文学で重要な位置を占める作品の著者に「Dutch Literature Prize(オランダ文学賞)」を授与します。受賞作家はベルギーとオランダの王室のメンバーから交互に賞を授与されます。この賞は、詩、散文の物語または演劇ジャンルの作家の全作品に授与されます。

「P.C.Hooft Prize for Literature(P.C. ホーフト文学賞)」は、作家の全作品を対象とする最も重要なオランダの文学賞です。この賞は毎年、散文の物語、散文の思索、詩に交互に授与されます。生涯の業績に対して贈られるこのオランダ語文学賞は、17世紀のオランダの詩人で劇作家のピーテル・コルネリスゾーン・ホーフトに因んで名付けられました。

「Griffels and Brushes」は、12歳までを対象とする児童書の、最も重要な審査員賞です。1971年に「Golden Griffel」、1973年に「Golden Brush」が立ち上げられました。最も優れた児童・青少年文学には毎年「Griffels」が、最も美しく描かれた絵本には「Brushes」が授与されます。

「Constantijn Huygens Prize(コンスタンティン・ホイヘンス賞)」は1948年に創設された毎年恒例の賞です。ハーグ市の自治体を代表してJan Campert-Stichting(Jan Campert財団)が授与する最も重要な文学賞です。Literatuurmuseum(文学館)が主催する授賞式は通常1月に行われます。