文学賞

多文化が共存するヨーロッパでは、さまざまなジャンルの現代文学の優れた作品を称える文学賞が豊富にあります。各国の賞の詳細についてはこちらから。

注目すべき文芸賞

1993年以来、その年の最も優れた小説デビュー作の投票が「Bogforum」で行われています。「Bogforum」では、この賞を通じてデンマーク文学界の優れた新人の認知度を高めたいと考えています。著述業を継続するための奨励金5万デンマーク・クローネが授与されるだけでなく、報道、書店、読者からの注目も高まるため、前途有望な著者のさらなるサポートにつながる賞です。

Danish Academy(デンマーク・アカデミー)は、デンマークの言語と文化、特に文学を奨励することを目的とした独立機関です。アカデミーでは賞金30万デンマーク・クローネの文学賞を授与しています。「Den Store Pris」は、国内で最も有力な著述業に対する表彰であると考えられています。

「De Gyldne Laurbær」は、1949年から毎年3月に小説の分野でBoghandlerklubben(デンマーク書店クラブ)によって授与されているデンマークの文学賞です。受賞者はデンマークの加盟書店による郵便投票で決定されます。現在は賞金として1万デンマーク・クローネと2,500デンマーク・クローネ相当の図書ギフトが授与されています。

DR(Danish Broadcasting Corporation、デンマーク放送協会)は、デンマークで最も長い歴史を持つ最大の電子企業であり、デンマーク文化に貢献してデンマークのコミュニティを強化するという中核的任務を負っています。「DR Novel Prize(DR小説賞)」は1999年から授与されています。デンマークのラジオ局DR P2の論説チームがデンマーク人作家による小説を推薦します。2万5,000デンマーク・クローネが贈られる授賞式の模様はラジオでも放送されます。