文学賞

多文化が共存するヨーロッパでは、さまざまなジャンルの現代文学の優れた作品を称える文学賞が豊富にあります。各国の賞の詳細についてはこちらから。

注目すべき文芸賞

「Prudenci Bertrana Prize」は、カタルーニャ州で最も重要な小説賞の1つです。1968年に創設され、ジローナ市が主催しています。作家のPrudenci Bertranaに捧げられた賞であり、ジローナの文化的シンボルです。カタルーニャ語で書かれた小説を表彰し、賞金は4万2,000ユーロです。

「Planeta Prize(プラネータ賞)」は、出版社のプラネータ社が1952年から授与している商業文学賞です。スペイン語で書かれた優れた未発表作品を表彰します。優勝者には100万ユーロ、準優勝者には20万ユーロが贈られる、世界で最も高額な賞金の文学賞です。

1981年に創設された「Princess of Asturias Award for Literature(アストゥリアス王女賞文学部門)」は、創作活動や研究活動が文化環境に大きく貢献した個人やグループや機関を表彰します。Princess of Asturias Foundation(アストゥリアス王女財団)の目的は、すべての科学的、文化的、人文的価値の高揚と振興に寄与することです。

「National Literature Prize for Narrative(全国小説文学賞)」は、スペインの作家がスペインのいずれかの言語で書いた小説に対して文化省が授与する賞です。賞金は2万ユーロです。1977年から毎年授与されています。

「Miguel de Cervantes Prize(ミゲル・デ・セルバンテス賞)」は、スペイン語の文学遺産を大いに豊かにすることに貢献したスペインとラテンアメリカの作家の創造的作品に贈られる、最高の評価です。賞金は12万5,000ユーロで、「ドン・キホーテ」の著者であるスペインの作家に因んで名付けられました。